北海道の温泉【特色と温泉地一覧】 - 日本温泉ネットワーク

 

日本温泉ネットワーク

都道府県別温泉案内

北海道の温泉地

湯の川温泉露天風呂画像

地図

青森県へ 都道府県温泉索引へ ホームへ
 
マークの説明印は日帰り温泉・立ち寄り湯・共同浴場・温泉銭湯・野湯など宿泊設備がない温泉です。その他の温泉には宿泊施設があります

北海道の温泉の特色

総体的な特徴として源泉温度が高く、鉱泉が少ない。そして自噴温泉が多い。江戸時代に、例えば松前藩などに発見された温泉地と、明治維新後に開拓民によって発見された温泉地に分けられるが、実は古くから地元アイヌの民により利用されていた温泉地も少なくない。北海道の地名はもともとそうだが、温泉地名もアイヌ語の転用が多い。北海道はとても広いので、下記のように地域分けする。
 
道北(稚内・名寄)地域→ここでは尋常性乾癬などの慢性皮膚病に効能が期待できる豊富温泉が有名。町も力を入れていて、町営の湯治宿が利用できる。全国から湯治客が来訪する。もともとの泉質は一般的な塩化物泉だが石油、天然ガスの試掘中に発見されて、油性分が多いのが特徴。源泉浴場の更衣室は火気厳禁。新潟県や秋田県の日本海側にも時々みられる泉質だ。名寄温泉は冬場「サンピラー現象」を見ることができる。稚内温泉は日本最北の温泉地。また利尻島にも温泉がある。綺麗な三角錐の利尻岳は日本百名山で岩場もすごい。高山植物が咲き乱れる礼文島では待望の温泉が湧出した。宗谷本線は列車本数が少ないが、札幌からの直通特急がある。音威子府(おといねっぷ)駅の蕎麦は美味しい。
 
道東(釧路・網走・知床)地域→北海道でもっとも人気のあるエリア。かつては「カニ族」が徘徊していたところ。バイクライダーにとっては聖地とも言える。最大の温泉地は屈斜路湖近くの川湯温泉。歓楽色もあるが泉質は申し分なし。名画「幸せの黄色いハンカチ」にも登場する。また網走湖畔温泉のようにリゾート温泉地もある。温泉ファンにとっては雌阿寒温泉(オンネトー温泉)や養老牛温泉など秘湯系はどうしても押さえたい。また和琴温泉の池のような混浴露天風呂も目指したい。世界遺産・知床には「カムワッカ湯の滝」があり、観光客も楽しめる。ただし自然保護には注意を払いたい。半島西側付け根にあるウトロ温泉は知床観光の拠点になっている。半島東側にある羅臼温泉は地元漁師たちの憩の場。海辺の野湯はドラマ「北の国から」で有名になった。道東は北海道らしい広大な大地。釧網本線では観光SL列車も走る。釧路湿原、オホーツクの流氷など見どころたくさん。
 
道央(旭川・富良野)地域→日本百名山の大雪山系があるところ。層雲峡温泉や旭岳温泉などが比較的大きいが、秘湯温泉の宝庫でもある。十勝岳温泉は野趣溢れた露天風呂があり、野生動物たちに巡り合えるかも。吹上温泉の露天風呂も良し。大雪山・十勝岳登山と組み合わせて行く人が増えている。高山植物も楽しめる。やはり日本百名山のトムラウシ岳はアプローチが長く、登山が難しい山。その南麓にあるトムラウシ温泉は源泉温度90度以上だ。その奥にはヌプントムラウシ温泉という野湯があり、温泉ファンとって憧れになっている。林道の交通(時々通行止め)は地元に確認が必要。
 
帯広・えりも地域→帯広周辺では十勝川温泉が代表的。古代植物が堆積した地層から湧出する植物モール温泉として世界的にも知られる。一方えりも岬周辺には温泉地が少ない。サラブレットの故郷、新冠(にいかっぷ)温泉には「レ・コードの湯」というユニークな宿がある。夕景が素晴らしい。ナウマン象の化石が発見された地にあるナウマン温泉も面白い名前だが、近くにあの一世を風靡した「幸福駅」が保存されている。帯広は最近ブタ丼でブレークしている。
 
道南(札幌・小樽・洞爺・函館)地域→この地域には北海道というより日本を代表する温泉地のひとつ、登別温泉がある。今さら特別語ることもないくらいの有名温泉地。近くにあるカルルス温泉は一変して観光色のない湯治場温泉だ。北海道初の国民保養温泉地に指定された。戦前には陸軍の保養所があったところだが、アイヌの人々にとってはずっと昔から湯治場だったようだ。定山渓は札幌の奥座敷温泉。かつて走っていた定山渓鉄道は北海道唯一の”電鉄”だった。手前にある小金湯は源泉温度が低いが意外に名湯かも。最近外国人に人気のニセコ周辺は名湯揃い。スキー・スノボリゾートも良いが温泉も良し。小樽周辺では名旅館のある朝里川温泉が知られた温泉地。積丹半島から江差へ下る日本海側には秘湯系の温泉地がポツリポツリと点在する。リフレッシュプラザ998はずいぶんと変わった名称だが、慢性皮膚病の効能が期待され湯治浴槽を備えている。家族風呂になっており配慮がきいている。朝日温泉(休業中の可能性あり)は秘湯中の秘湯だ。水上勉原作「飢餓海峡」の舞台にもなった。三國連太郎主演の映画にも最初に出てくる。渡島(おしま)半島の中央部には二股ラジウム鉱泉があり、昔から成分の濃い秘湯として知られている。一般の観光客は函館からいきなり小樽・札幌へ行ってしまうので見逃されている地域だ。特に濁川温泉は名湯だが、知らない人が結構いる。駅弁「いかめし」で有名な森から山間部に入ったところにある。函館には名湯の誉れ高い湯の川温泉がある。もともと松前藩の湯治場だったが、戊辰戦争の時にも傷病兵の湯治場となった。源泉温度が高く源泉数は30本以上。主な泉質は塩化物泉だが、硫黄成分もある。函館山夜景バスツアーを用意している宿も少なくない。函館空港に近く、市電で市街中心部にも行けるので函館の宿泊はここで決まり。

北海道温泉地一覧

あ行

愛山渓温泉

阿寒湖温泉

朝日温泉 旭温泉 -
  旭岳温泉 朝里川温泉 芦別温泉 網走湖畔温泉 -
  生田原温泉 池の湯温泉 日帰り温泉石狩温泉 石狩太美温泉 石田温泉
  伊藤温泉 稲富温泉 日帰り温泉岩見沢温泉 いわない温泉 -
  岩尾別温泉 臼別温泉 うずら温泉 歌志内温泉 -
  歌登温泉 ウトロ温泉 ウナベツ温泉 馬追温泉 -
  浦臼温泉 浦幌留真温泉 枝幸温泉 恵山温泉 恵山岬温泉
  えべおつ温泉 江別温泉 大船温泉上の湯

共同浴場大船温泉下の湯

-

  沖里河温泉 奥屈斜路温泉 奥美利河温泉 おけと湖温泉 長流枝温泉
  長万部温泉 オソウシ温泉 尾岱沼温泉 音更温泉 乙部温泉
  帯広温泉 温根湯温泉 - - -
  オホーツク温泉
(標津町)
オホーツク温泉
(雄武町)
オホーツク温泉
(網走市)
- -
か行 海峡の湯 貝取澗温泉 川汲温泉 - -

 

鹿の子温泉 上登別温泉 神居岩温泉 - -
  神威脇温泉 俄虫温泉 亀川冷泉 鴨々川温泉 茅沼温泉
  上砂川岳温泉 上の湯
(銀婚湯)温泉
野湯カムイワッカ
湯の滝
カルルス温泉 -
  川北温泉 川上温泉 川湯温泉 かんの温泉 木古内ビュウ温泉
  北広島温泉 北檜山温泉 北見温泉 北村温泉 北湯沢温泉
  協和温泉 清里温泉 霧多布温泉 キロロ温泉 -
  宮内温泉 屈足温泉 屈斜路温泉 屈斜路温泉森の湯 -
  倶知安温泉 栗山温泉 グリーンピア大沼 見市温泉 -
  原生亭温泉 剣淵温泉 高原温泉 - -
  小金湯温泉 小清水温泉 虎杖浜温泉 コタン温泉 古丹別温泉
  駒ヶ峯温泉 五味温泉 五厘沢温泉 昆布川温泉  -

さ行

盃温泉 桜野温泉 沙流川温泉 砂原温泉 立ち寄り湯珊内ぬくもり温泉
  塩別温泉 鹿部温泉 鹿部ロイヤル
温泉
- -
  然別峡菅野温泉 - - -
  然別湖畔温泉 支笏湖温泉 静内温泉 標茶温泉 -
  標津温泉 島の下温泉 しみず温泉 下オソベツ温泉 下居辺温泉
  積丹温泉 斜里温泉 定山渓温泉 白老温泉 白滝温泉
  知内温泉 白金温泉 しょさんべつ温泉 新千歳空港温泉 新得温泉
  新十津川温泉 新富町温泉 新町温泉 すすきの天然温泉
  日帰り温泉寿都温泉 瀬戸瀬温泉 層雲峡温泉

壮瞥温泉

-

た行

大雪高原温泉 滝の湯温泉 竹山高原温泉 龍乃湯温泉 伊達温泉
  館浦温泉 丹頂の里温泉 秩父別温泉 中央温泉 -
  チロルの湯 千走川温泉 月形温泉 筒井温泉 津別温泉
  鶴居温泉 鶴の湯温泉 てしお温泉 天塩川温泉 -
  鐺別温泉 天人峡温泉 - - -
  洞爺湖温泉 洞爺・陽だまり温泉 十勝川温泉 十勝岳温泉 苫前温泉
  トムラウシ温泉 豊富温泉 - - -

な行

ないえ温泉 ナイタイ高原温泉 ナウマン温泉 中小屋温泉 中標津温泉
  ながぬま温泉 中富良野温泉 流山温泉 七重浜温泉 名寄温泉
  南幌温泉 新冠温泉 西大沼温泉 西桂沢温泉 共同浴場西ききょう温泉
  濁川温泉 21世紀森の湯 ニセコアンヌプリ温泉 ニセコ五色温泉 ニセコ昆布温泉
(鯉川温泉)
  ニセコ新見温泉 ニセコモイワ山
温泉
ニセコ東山温泉 ニセコ薬師温泉 ニセコ湯本温泉
  ニセコワイス
高原温泉
ニニウ温泉 仁伏温泉 日帰り温泉日本海ふるびら温泉 ニヤマ温泉
  糠平温泉 ヌプリオンド温泉 野湯・野天ヌプントムラウシ温泉 - -
  根崎温泉 ねとい温泉 野付温泉 登川温泉 登別温泉

は行

函館温泉 はぼろ温泉 浜頓別温泉 日帰り温泉はまなす温泉 浜松温泉
  蟠渓温泉 晩成温泉 東大沼温泉 日帰り温泉日向温泉 -
  美唄温泉 美深温泉 日帰り温泉美幌温泉 - -
  平取温泉 ひらふ温泉 平磯温泉 平田内温泉 -
  美利河温泉 ピンネシリ温泉 吹上温泉 伏見温泉 -
  富士見温泉 二股
ラジウム温泉
ふとみ銘泉 別海温泉 北竜温泉
  幌加温泉 ほろしん温泉 ぽんぴら温泉 本別温泉 ポン湯温泉

ま行

幕別温泉 摩周温泉 松前温泉 丸駒温泉 丸瀬布温泉
  三笠温泉 水無海浜温泉 三石温泉 -

-

  雌阿寒温泉 女満別温泉 - - -
  芽登温泉 日帰り温泉芽室温泉 毛陽町温泉 藻琴山温泉 藻琴山高温泉
  茂津多海岸温泉 紋別温泉 -  - -

や行

八雲温泉 谷地頭温泉 山田温泉 山花温泉 日帰り温泉ゆうばり温泉
ユーパロの湯
  湯の川温泉 湯の里温泉
(ニセコ温泉郷)
湯の沢温泉 湯ノ岱温泉 湯の元温泉
  湯元協和温泉 養老牛温泉 - - -

ら行

雷電温泉 羅臼温泉 利尻富士温泉 利尻
ふれあい温泉
日帰り温泉リフレッシュ
プラザ温泉998
  留真温泉 礼文島温泉
うすゆきの湯
- - -

わ行

ワイス温泉 稚内温泉 和琴温泉 - - 

スマート温泉ネットのホームへ

☆宿をお探しの方はこちら☆
(PC・タブレット版)

☆宿をお探しの方はこちら☆
(スマホ版)

温泉ロゴマーク

日本温泉ネットワーク
(PC版)