台湾の温泉案内 | 関子嶺温泉 - 日本温泉ネットワーク海外編

日本温泉ネットワーク


グァンズーリン・ウェンチュアン

台湾・関子嶺温泉

関仔嶺温泉露天風呂画像
関子嶺・泥栄温泉露天風呂
もよりの都市は嘉義市です
台南市白河区関子嶺温泉
泉質 アルカリ性炭酸水素塩泉 源泉温度75度
効能 冷え性・気管支炎・貧血・座骨神経痛・胃腸病・慢性皮膚病
交通 台鉄嘉義駅で下車し、嘉義バスターミナルから関子嶺行きバス(嘉義客運)で約1時間。高鉄(高速鉄道)嘉義駅と台鉄(在来線)嘉義駅とは少し離れていて、専用レーンのバスで移動する。台北から高鉄嘉義駅までは約1時間25分。高雄からは高鉄の左営駅から高鉄嘉義まで約30分。

特色

台湾四大温泉地のひとつで、台湾中南部山岳地帯にある名湯。源泉はアルカリ性炭酸水素塩泉の高温泉だが、硫黄分も豊富に含む。「泥湯」として知られる温泉で、湯は灰褐色に濁り、底に泥が溜まっている。泥湯温泉は台湾でここだけだ。泥パックすると美肌効果があり、女性にとても人気。またアトピーなどの皮膚病にも効果があるということで、日本人観光客からも注目されている。泥パック用の泥は別途用意されていて親切だ。大きく開放的な露天風呂(水着着用)が複数あり、ファミリーで入浴する光景も見られる。もよりの嘉義(かぎ)駅からは鉄道ファンに有名な阿里山森林鉄道が発着しているので、時間があれば乗車したい。

宿泊予約

嘉義市 または 台南市 で検索

Booking.com

台湾オススメ温泉地

北投温泉

陽明山温泉

礁渓温泉

谷関温泉

宝来温泉

安通温泉

鹿鳴温泉

知本温泉

四重渓温泉

台湾の温泉地図索引

台湾観光協会

スマート温泉ネット

韓国の温泉案内へ

温泉ロゴマーク
日本温泉ネットワーク