東京都の温泉地案内



おうめあゆみ

青梅鮎美の湯

かんぽの宿 青梅

所在地:市町村合併確認⇒東京都青梅市駒木町3-668-2


東京一覧へ 日本温泉ネットワーク
HOME
宿一覧 PHOTO 東京地図へ

交通
ご成約で1000ポイント バイク買取楽天オート

中央自動車道八王子JTCから圏央道に入り、日の出ICで下りる、
国道411号を青梅方面へ約9キロ、20分

JR青梅線 青梅駅下車、タクシー約7分
(東京駅・新宿駅から青梅特快、ホリデー快速など直通電車あり)

泉質
泉質について

単純温泉 源泉温度25.1度
(アルカリ性-低張性-低温泉)

効能

リウマチ・関節痛・筋肉痛・運動麻痺

特色

遊び・体験 日本まるごと遊び場宣言

多摩川の清流に東京を忘れる

東京通勤圏となっている青梅市だが、まだまだ都会のオアシス的存在になっていて、見どころ多数の観光地だ。鮎美温泉は青梅駅の南方で、多摩川が大きく蛇行しているところに建つ「かんぽの宿 青梅」の温泉。近くには釜の淵公園がある。交通の便が良く、都心から近いこともあって最近は「女子会」などにもよく利用されている。源泉は自家源泉で温度は比較的低い。東京奥多摩地区の温泉地は総じて源泉温度が低く、近くの岩蔵温泉も鉱泉だ。ただ、泉質は悪くない。ここの展望大浴場は7階にあり、奥多摩の山並みと多摩川の流れが一望できる。特に紅葉の季節は心が洗われる。天井走行リフトなど身障者設備も用意されている。御岳渓谷、奥多摩ハイキングの基地としても良いし、春は梅岩寺の枝垂桜(しだれざくら)も見どころ。鉄道公園の元祖「青梅鉄道公園」にも寄ってみたい。

日帰り温泉問合せ: かんぽの宿 青梅 0428-23-1171 宿泊は宿一覧参照

情報クリック

☆ネットで宿を探す・予約する☆
観光情報 青梅鉄道公園 美しい自然
交通・天気 鉄道時刻表 お天気

温泉ロゴマーク
日本温泉ネットワーク
HOME