青梅鉄道公園と青梅石神温泉 - 日本温泉ネットワーク

 

温泉ロゴマーク
日本温泉ネットワーク

青梅鉄道公園と青梅石神温泉

青梅鉄道公園は鉄道90周年記念事業として昭和37年(1962年)に旧国鉄によって開設された。全国の鉄道公園のなかでも元祖的存在。明治・大正期に活躍した蒸気機関車から昭和の名機まで貴重な車輌が展示されている。また記念館には模型を中心に鉄道資料が豊富にあり、その解説には興味が尽きない。入場料も安く、親子連れで賑わっている。JR青梅駅から徒歩で行ける。また、多摩川の清流を望む「青梅石神温泉」もご案内します。

青梅鉄道公園D51画像

D51 452号機
ご存じ「デコイチ」
昭和15年(1940年)汽車製造(株)製
鷹取式集煙装置付
最終配備地は関西本線竜華機関区

青梅鉄道公園D51運転席画像

デコイチのキャブ(運転席)
その複雑さに驚く
蒸気機関車は生き物だ

青梅鉄道公園9600形画像

9600形9608号機
通称「キューロク」
大正時代に造られた貨物用の名機
昭和51年の蒸気廃止時まで生き残った

青梅鉄道公園クモハ40画像

クモハ40形(40054)
かつて青梅線を走った両運転台の電車
青梅・五日市線は旧国電の宝庫だった
青梅鉄道公園110形と2120形画像
110形(左)と2120形(右)
110形は新橋・横浜間開業時の一両
鉄道記念物指定されている
2120形は通称「B6」として親しまれた

青梅鉄道公園蒸気機関車カットモデル画像

蒸気機関車のカットモデル
110形

青梅鉄道公園ED16画像

ED16形1号機
かつて青梅線などで石灰列車を引いた
戦前から活躍した動輪4軸の電機で
運転性能に優れ、名機の誉れが高い
 
その他、E10形、C11形、O系新幹線、
8620形などが展示されている
 

☆青梅鉄道公園☆
(公益財団法人東日本鉄道文化財団)

〒198-0041 青梅市勝沼2-155
JR青梅駅より北へ徒歩15分
(新宿から青梅特快約55分)
車の場合、青梅駅前から側道に入る
駐車場(無料)あり
 
TEL 0428-22-4678
開園時間は季節により変わります
FAX 0428-22-4716
 
休館日 月曜日と年末年始
振り替え火曜日の場合あり
入館料(小学生以上)100円
※ゴミはすべて持ち帰りになるので注意※
園内にゴミ箱はありません
 

青梅石神温泉 おくたま路

青梅石神温泉おくたま路全景画像
東京の離れ屋敷
清流の宿 おくたま路全景
日帰り温泉プランあり、入浴のみも可
青梅石神温泉おくたま路大浴場画像

アルカリ性単純硫黄泉
奥多摩鶴の湯からの運び湯
リウマチ・神経痛・捻挫などに良い

青梅石神温泉おくたま路遠景画像
一軒宿のおくたま路遠景
多摩川の清流が心地よい
 

☆清流の宿 おくたま路☆

〒198-0171 東京都青梅市二俣尾2-371
お問い合わせ 
TEL 0428-78-9711
 
FAX 0428-78-8676
 
宿泊11.000円~
食事付き日帰り温泉4.500円~
入浴のみ可
 
 

にっこりマークその他お薦め温泉地案内

 
岩藏温泉へ
 
青梅鮎美温泉へ
 
松乃温泉へ
 
奥多摩温泉へ
 
鶴の湯温泉へ
 
東京温泉一覧へ
 

日本温泉ネットワークのホームへ

スマート温泉ネットのホームへ

☆宿をお探しの方はこちら☆
(PC・タブレット版)

☆宿をお探しの方はこちら☆
(スマホ版)