増冨ラジウム温泉湯治の宿 | 心を癒す日本温泉ネットワーク

日本温泉ネットワーク
 
世界有数のラジウム泉

 

増富ラジウム温泉
湯治の宿

増冨温泉 不老閣 天然岩風呂画像
不老閣 天然岩風呂
武田軍の傷病兵が湯治したと云われる
 

増富温泉について

増富ラジウム温泉は武田信玄が金山開発中に発見したと云われる。いわゆる「信玄の隠し湯」のひとつだ。温泉場としては明治初期から発展してきた。ラドン(ラジウムがアルファ崩壊してラドンになる)含有量が世界有数の源泉で、湯治温泉として確固たる地位を築いてきた。このラドンが空気に触れるとイオン化する。このイオンが身体に良好な効果をもたらす。微量な放射線が人体に良いという理論を「放射線ホルミシス」という。医学的に広く認められている。源泉温度は低く約30度のぬる湯だ。効能は幅広く、がん疾患の湯治客も少なくない。最近はアルツハイマーにも効果があるのではと期待が持たれている。浴用のほか、飲泉、蒸気吸入など症状にあった湯治法がある。正しい入浴・湯治方法は各施設に記載があるので、よく確認しよう。
不老閣 霊泉画像
不老閣 霊泉
岩風呂と並びもっとも古い源泉
源泉温度17度から20度
貸切 ラジウム水晶風呂画像
貸切 ラジウム水晶風呂
誰にも気兼ねせずに入浴したい方や付添が必要な方、ゆっくりと療養したい方に最適。湧出口には甲斐名産の水晶が並べてあり、気をもらえる。
不老閣玄関画像
不老閣 玄関
増冨温泉 金泉閣湯治浴場画像
金泉閣 延寿の湯
左側の源泉槽に30分入浴し、右の上がり湯は体を温める程度にする。これを一日2回~4回繰り返す。ただし、体調をみて減らしてもよい。入りすぎは逆効果なので注意しよう。源泉槽は夏は気持ちよいが冬は少し冷たく感じる。
金泉閣適応症表示画像
適応症は多岐にわたる
飲泉方法も表記があるので確認しよう
金泉閣湯乃権現画像
ラジウム泉の神様「湯乃権現」
金泉閣本館全景画像
金泉閣本館
金泉閣別館外観画像
金泉閣別館 はくすい
自炊湯治客専用宿泊所
自炊1泊 4320円
本館から徒歩3分
ベット部屋もあり、入浴は本館利用
金泉閣自炊棟はくすいロビー画像
はくすい ロビー
飲食可
喫煙所は外になる
金泉閣自炊棟はくすい調理場画像
自炊調理場
プロ仕様の料理器具がそろっている
積雪期は休館になるので要確認
電話マーク 0551-45-0511
増冨温泉 津金楼大浴場画像
津金楼 大浴場
源泉100%
源泉槽は約26度~30度、上がり湯は42度
津金楼 日本温泉協会 天然温泉表示画像
日本温泉協会のお墨付き
津金楼外観画像
津金楼外観
瑞牆山画像
瑞牆山(みずがきやま)の岩峰
みずがき自然公園まで温泉街から車で約20分
 

増富ラジウム温泉宿一覧
問い合わせ先、料金など

増富の湯と周辺散策

増富ラジウム温泉周辺の地図

詳細
増富ラジウム温泉案内ページ

山梨温泉一覧へ

都道府県温泉一覧へ

スマート温泉ネットのホームへ

心を癒す温泉ロゴマーク
日本温泉ネットワーク
PC・TAB