山形県の温泉地案内



ぎんざん

銀山温泉

所在地:市町村合併確認⇒山形県尾花沢市銀山新畑

山形一覧へ 日本温泉ネットワーク
HOME
宿一覧 PHOTO 山形地図へ

交通 ご成約で1000ポイント バイク買取楽天オート

山形自動車道 山形北ICで下り、国道13号で尾花沢市へ。
さらに国道347号を古川方面へ進み、下原で銀山温泉への道に入る

JR山形新幹線 大石田駅下車 バスかタクシーで尾花沢市街へ、
更にそこから銀山温泉行きバスに乗り換え 尾花沢から約40分

泉質
泉質について

含硫黄(硫化水素型)・ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉

効能

胃腸病・神経痛・金属中毒症

特色

銀山から湯治場とへ

大正時代からの風情を残す温泉地。ガス灯がともる街並み、ライトアップされる滝など、日が落ちてからますます楽しみが増える。特に冬景色は素晴らしい。「おしん」の舞台になったこともあり、一年を通じて人気の温泉地だ。ここは江戸時代初期の鉱山「延沢銀山」の跡地で、名前の由来もそこから来ている。大正ロマンをのこす雰囲気は心が癒される。源泉は60度前後の高温泉で「大湯」と「しろがね湯」の2箇所の外湯がある。

情報クリック

☆ネットで宿を探す・予約する☆
観光情報 名所・旧跡 美しい自然
交通・天気 鉄道時刻表 お天気

温泉ロゴマーク
日本温泉ネットワーク
HOME