行儀路温泉(紗帽山温泉) | 台湾温泉案内 | 心を癒す日本温泉ネットワーク海外編

日本温泉ネットワーク
台湾台北
ぎょうぎろ・おんせん

シィンイールゥ・ ウェンチュァン

行儀路温泉
(紗帽山温泉)

台湾 山之林温泉打たせ湯露天風呂画像
山之林温泉 打たせ湯露天風呂
酸性硫黄泉・浴槽の温度は約38度
男湯のみ・奥にサウナもある

行儀路温泉について

「行儀路温泉」は台北市郊外の山間にある温泉街の総称で、ガイドブックによっては「紗帽山温泉」として紹介されている。地元では「紗帽山温泉」と呼んでいるようだ。複数の温泉施設とレストランが立ち並んでいて、気軽に行けることから台北市民の憩いの場となっている。台北中心部から地下鉄(MRT)とバスでだいたい40分程度で行けるので、北投温泉と並んでツーリストにも楽しめる温泉地だ。泉質は酸性硫黄泉が主で、白濁した湯は日本の草津温泉のようだ。泉質が良いため、湯治で通っている地元の方も少なくない。各施設は日帰り温泉に食事処が併設されているのでゆっくり寛ぐことができる。温泉効能は皮膚病・関節痛・筋肉疲労・痛風等に効く。源泉は一番上部にある「山之林温泉」周辺の渓谷部にある。白濁した湯と少し青みがかった湯と二種類あり、上部ほど白い。源泉温度は56度から80度。このような温泉が近くにあるなんて、つくづく台北市民は幸せだと思う。

交通

台北地下鉄(MRT)の淡水信義線・石牌駅下車、508番バスで行儀路三路か四路で下車する。乗車時間は15分程度。行儀路三路からは上りになるので行儀路四路で降り、一番上部の「山之林温泉」から下るように散策するのがオススメ。
最上部にある山之林温泉入り口
秘湯感漂う
正式名称は「山之林SPA溫泉美食」
台湾 山之林温泉露天風呂画像
山之林温泉 男性用露天風呂
ここの温泉は日本と同じように裸で入ることができる。更衣室はコイン式ロッカーになっていて、20元を入れると鍵をかけられる。お金は後で戻ってくる。湯は白濁しており、42度と48度の浴槽が並んでいる。ぬるい方から入浴しよう。打たせ湯露天風呂は38度くらいなので長湯できる。
台湾 山之林温泉大浴場画像
女性用大浴場
女性用はすべて内湯で露天風呂はない。こちらも温度別に浴槽が分かれている。一番熱い浴槽は50度!の表示になっているそうだ。本当だろうか?
台湾 山之林温泉大浴場画像
女性用大浴場
スタッフの方はとても親切
山之林温泉料理画像
併設のレストランに入り、豚肉の野菜いためを食す。さやえんどうがコリコリしていてとても美味。肉厚の豚も味がしっとり滲んでいる。レストランのメニューは豊富だ。
山之林温泉料理画像
チャーハンもパラパラ感あり
台湾ビール画像
台湾では台湾ビールを飲むべし
日本のビールと比べて遜色なし
紗帽山画像
紗帽山と陽明山温泉方面の遠望
紗帽山温泉源泉湧出地画像
源泉湧出地
寂寞とした荒れ地が広がり、遊歩道が設置されている。ところどころ蒸気が上がっている。ただ日本の箱根大涌谷や雲仙地獄のようなもうもうと息苦しい雰囲気ではない。もう少し明るい感じだ。ここから下って行くと、各温泉施設が現れる。
紗帽山皇池画像
皇池
日帰り温泉センターで水着着用
青鉱泉画像
翡翠のような青みがかた鉱泉
手や髪の洗い場になっている
皇池温泉御膳館画像
皇池溫泉御膳館
紗帽山川湯建物画像
川湯(水着着用)入り口
日帰り温泉
紗帽山川湯画像
川湯
温泉水が流れる川で湯量豊富なのが分かる
紗帽山川湯レストラン画像
川湯温泉養生料理のレストラン
いにしえの清時代の町並みのようで、雰囲気溢れる。異国情緒を感じる一角。石畳の道が続き、奥を右に曲がると湯瀬温泉の前を通って、バス停のある行儀路(通りの名前)にでる。
紗帽山湯瀬温泉画像
日帰り温泉 湯瀬
(水着着用)
他にも数軒のレストランや入浴施設がある

台湾宿泊予約

Booking.com

行儀路温泉の地図

台北グルメと温泉

台湾温泉案内メインページへ

スマート温泉ネットのホームへ

心を癒す温泉ロゴマーク
日本温泉ネットワーク
PC・TAB