伊豆箱根の温泉地案内



てんざんとうじきょう

天山湯治郷

所在地:市町村合併確認神奈川県足柄下郡箱根町湯本茶屋

小田急ロマンスカー時刻表

伊豆箱根一覧へ 日本温泉ネットワーク
HOME
宿一覧 PHOTO 伊豆箱根地図へ

交通
ご成約で1000ポイント バイク買取楽天オート


車:
東名高速 厚木ICで小田原厚木道路に入り小田原西ICで下りる
もしくは西湘(せいしょう)バイパス箱根口ICで下りて、
いずれも国道1号(箱根新道)を進む
箱根周辺は国道1号線旧道、箱根新道、国道138号線ともに土日渋滞注意

電車: 新宿から小田急 特急ロマンスカー利用が一般的 箱根湯本駅直通
急行電車利用の場合は小田原駅で箱根登山鉄道に乗り換えになる
JRの場合、東海道新幹線・在来線ともに、小田原下車のち
箱根登山鉄道に乗り換えて箱根湯本駅へ
箱根湯本駅から送迎バスあり

外部リンク→箱根登山バスの公式HP

泉質
泉質について

アルカリ性単純泉 / ナトリウム-塩化物泉 混合泉 源泉温度65.4度
(アルカリ性-低張性-高温泉)

効能

神経痛・リウマチ・婦人病ほか

特色

遊び・体験 日本まるごと遊び場宣言

現代湯治の一つの形

箱根湯本の早川から分かれる須雲川沿いで、旧東海道を進んだ湯本茶屋にある清新な温泉施設。この周辺は奥湯本温泉ともいわれる。「天山湯治郷」は温泉の新鮮さ(純度)と健康にこだわっている。湯本茶屋、片倉、向山源泉の混合泉でアルカリ性の高温泉だ。湯量豊富で源泉かけ流し。天山湯治郷は「ひがな湯治天山」、「かよい湯治一休」、「逗留湯治羽衣」と大きく分けて三つの施設で構成されている。「天山」は食事処やカフェ、サウナ、ボディーエステなど備えているのに対し、「一休」は香りが清々しい檜風呂による入浴設備のみでシンプルなコンセプトだ。「羽衣」は湯治宿泊施設で一泊朝食付きで連泊から受け付けている。食事は玄米、野菜中心の滋養料理で健康重視だ。それぞれの施設を相互に行き来ができる「はしご湯券」もある。また天山温泉(湯本74号源泉)は飲泉可能で、まろやかな口あたりの軟水で飲みやすい。胸やけ、二日酔いに効果がある。食事処は温泉しゃぶしゃぶの「楽天」、じねん蕎麦「すくも」がお薦め。よくある温泉センターと思っていたら大間違い。ここは現代湯治の一つのあり方を表現していて秀逸だ。

日帰り温泉問い合わせ: 天山 0460-86-4126 一休 0460-85-8819 宿泊は宿一覧参照

箱根十七湯

箱根湯本、塔之沢宮ノ下堂ヶ島底倉木賀芦之湯姥子
小涌谷強羅大平台宮城野二ノ平仙石原湯ノ花沢芦ノ湖蛸川

江戸時代の箱根七湯

箱根湯本、塔之沢宮ノ下堂ヶ島底倉木賀芦之湯
姥子を入れて八湯とも言う

箱根十七湯温泉地図 | イラストマップ】

情報クリック

☆ネットで宿を探す・予約する☆
観光情報 大涌谷と箱根ロープウェイ 美しい自然
交通・天気 鉄道時刻表 お天気

温泉ネットロゴマーク
日本温泉ネットワーク
HOME