岐阜県の温泉地案内



げろ

下呂温泉

所在地:市町村合併確認⇒岐阜県下呂市湯之島

岐阜一覧へ 日本温泉ネットワーク
HOME
宿一覧 PHOTO 岐阜地図へ

交通 ご成約で1000ポイント バイク買取楽天オート

中央自動車道 中津川ICで下り、国道257号、国道41号を北上する

JR高山本線 下呂駅下車、徒歩約5分から、バスまたは車で
(下呂駅は特急ひだ停車駅)

泉質
泉質について

アルカリ性単純温泉 源泉温度約55度
(アルカリ性-低張性-高温泉)

効能

神経痛・筋肉痛・五十肩・慢性消化器病など

特色

三名泉のひとつに数えられる

現在の飛騨川沿いの下呂温泉は鎌倉時代中期の開湯。今はないが、もともとの源泉である湯ヶ峰山頂付近の温泉はさらに200年ほど古い。約千年の歴史を誇る。室町時代の禅僧である万里集九(ばんりしゅうく)により草津温泉有馬温泉とともに天下の「霊湯」として紹介され、江戸時代の儒学者である林羅山(はやしらざん)により「三名泉」と称された。ただ当時の温泉名は「湯島」だった。滑らかな湯ざわりが特徴である。源泉は昭和46年(1971年)から集中管理方式となり、各施設に配湯されている。川沿いに設備の整った宿泊施設が建ち並んでいる。老舗旅館「湯之島館」本館は国の登録有形文化財に指定されている。温泉街は歓楽色もあるが、風情のある共同浴場も残されている。益田川の河原にある噴泉地露天風呂はここのシンボル。立ち寄り湯は旅館組合が発行している「湯めぐり手形」が便利だ。

湯めぐり手形問い合わせ: 下呂温泉旅館協同組合 0576-25-2541 宿泊は宿一覧参照

情報クリック

☆ネットで宿を探す・予約する☆
観光情報 名所・旧跡 美しい自然
交通・天気 鉄道時刻表 お天気

温泉ロゴマーク
日本温泉ネットワーク
HOME