地磁気逆転層【チバシアン】 - 日本温泉ネットワーク

 

温泉ロゴマーク
日本温泉ネットワーク

チバシアン

(千葉セクション)

千葉セクション地層画像

千葉県市原市田淵にある「千葉セクション」は、地球のN極とS極が逆転したことを示す地磁気逆転層だ。地球の磁場逆転は過去何度も起きているとされているが、ここは77万年前に起こったことが確認された。軸を固定したまま南北の磁性のみが反転した可能性が高い。2016年万国地質学会議で世界で1カ所のみ選ばれる「国際標準模式地」に選ばれると、「チバシアン」と命名される可能性が高い。マークについては緑は「現在と同じ層」、黄色は「磁場が反転した層」、赤は「磁場不安定な層」を示している。

白尾凝灰岩(びゃくびぎょうかいがん)層説明板画像

火山が噴火した
火山灰層も見られる

養老川画像

そばに養老川が流れている
増水時は注意が必要
足下は滑りやすく、靴にも注意
古墳画像
チバシアン入り口にある古墳
房総半島には
「出羽三山信仰」がある
 

にっこりマークお薦め温泉地案内

 
養老渓谷温泉へ
 
七里川温泉へ
 
亀山温泉へ
 
ロマンの森温泉へ
 
飯給駅のシュールなトイレ
 
千葉温泉一覧へ
 

日本温泉ネットワークのホームへ

スマート温泉ネットのホームへ

☆宿をお探しの方はこちら☆
(PC・タブレット版)

☆宿をお探しの方はこちら☆
(スマホ版)